2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
新設G汽譟璽垢離櫂ぅ鵐箸砲弔い

今年度から新たに格上げされるG汽譟璽垢楼焚爾離櫂ぅ鵐箸箸靴泙后

【フェブラリーS・高松宮記念・大阪杯・NHKマイルC・ヴィクトリアマイル・安田記念・スプリンターズS・秋華賞・エリザベス女王杯・マイルCS】
→110P,37P,18P,7P,4P

【朝日杯FS・阪神JF・中山グランドJ・中山大障害・ホープフルS・地方交流統一G1】
→100P,33P,17P,7P,3P

| 主催者 | ルール | 09:15 | - | - |
【重要】ルール追加
過去に何度か実施がありますが、新設重賞で、JRAHPでG表記がない場合でも、
重賞扱いであるため、そのレースのグレードに沿ったポイントとします。
| 主催者 | ルール | 21:01 | - | - |
ルールを読む前に
初めまして。うまぬしくん主催者です。
当初はそれほど複雑ではないルールでしたが、参加人数が増え、各参加者の工夫に対抗していくうちに、どんどん複雑化してきました。そのため、ルールは一生懸命読まないと難解であり、また理解していないと他のルールを熟知しているうまぬしさんたちに勝つことは絶対にできません。逆に言えば、ルールを知り、ルールの間隙を突くことで他のうまぬしさんを出し抜くこともきっとできるでしょう。
 うまぬし登録は1年中24時間受け付けておりますので、時間のあるときにゆっくり読み込み、しっかりと理解してください。私達はいつでも新しい仲間がやってくるのをお待ちしています。


 「うまぬしくん」は、JRA主催の実際の競馬をもとに遊ぶ、いわゆるPOG(ペーパーオーナーゲーム)です。ただ、一般的によく行われているPOGと違うのは、クラシックを目指す2歳〜3馬だけではなく、古馬に関しても同じように所有が認められているというところです。
 また、一年中いつでも馬主としてのエントリーが可能であるのも特徴の一つです。ぜひ、ルールを読んで、うまぬし審査問題に挑戦してみてください。たくさんの方の参加をお待ちしております。
| 主催者 | ルール | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
1.馬を買おう!
・ 馬は基本的に入札によって手に入れます。

・うまぬし審査に合格し、馬主登録が完了すると、はじめ1億円の資金が与えられます。そのお金を使って自分の好きな馬を入札→落札してください。(入札以外の方法で競走馬を購入することもできます。方法に関しては後述いたします。)

毎月1日管理費として、所有馬数×100万円ずつ引き落とされます。馬の持ちすぎにはお気を付けください。

・また101頭目からは1頭あたり150万円の管理費を徴収いたします。
| 主催者 | ルール | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2.入札方法
・入札することができる馬は「他の馬主が所有していない、馬名・性別・年齢・所属厩舎のわかっている中央競馬在籍馬」です。
(中央競馬在籍の判断は競走馬データベース(Um@SQL)に中央所属馬として登録されているかどうかで行います。すでに中央競馬から引退している馬のデータも検索の仕方によっては出てきますので、お気をつけ下さい。)

・一度も出走せずに登録を抹消した競走馬(いわゆる未出走抹消馬)や、地方競馬に転厩した馬を後に再登録することを見込んで、あらかじめ入札・落札することはできませんが、登録抹消した持ち馬が後に再登録することを見込んで手放さずに所有しておくことは可能です。(ただし、もちろん管理費は発生します。)

・地方在籍馬や、まだ正式に馬名の決まっていない中央競馬入厩予定馬を前もって入札することはできません。正式に馬名が決まったかどうかの判断は、「うまぬしくん」では、JRA公式サイト内の競走馬登録一覧に名前が載ったかどうかで行います。

・中央競馬所属馬以外の競走馬が、中央に転厩する予定のある場合でも、競走馬登録一覧に中央所属馬として登録されてから入札可能とします。

・特に2〜3歳馬に関してですが、デビュー前に登録馬名が変更される場合が多々あります。馬名が変更されると、新規登録馬として新しい名前がJRAのHPに発表されることになりますが、その場合には、名前が変わる前にその馬を所有していたうまぬしさんに所有権利が発生します。
例え、誰も変更に気付かずに別のうまぬしさんが落札した場合でも、その変更に気付き次第、権利は無効(落札金額は全て返します)となり、馬名変更前のうまぬしさんの馬としますので、ご了承ください。
<過去に実際にあった馬名変更に関する対応例>
Aさんのフォエバーユー号がフォーエバーユーとして再登録した。
→変更された名前を見て、馬名間違いで落札させてしまっていたと思ったAさんが「馬名間違い」としてやむなくフォエバーユーを手放した。
→後から馬名が変更されていただけだったことに気付き、主催者に申請。
→事情を考慮し、改めて所有を認めました。
→すでにフォーエバーユーを落札していたBさんには、事情を説明し、落札を無効・落札金額を全額返還で了承していただきました。

・必ず入札フォームを使って、入札してください。

・水曜日の22時までに最も高額で入札した馬主に落札となります。
なお、火曜日22:01〜水曜日22:00の間に手放された馬は、入札の公平を期すため、翌週の入札対象馬といたします。

締切り時間までは、なんどでも入札額を変更・取り消しすることができます。入札結果は、サーバ上のアクシデントの無い限り、落札コーナーにあります「ニューサツステーション」にて水曜22:01に公表します。

・入札のサイクルは、水曜22:01 入札スタート → 翌水曜22:00入札〆切・落札 → ニューサツステーションで発表です。

うまぬし登録されてから、まだ1ヶ月経たない新人の方は、見習いのうまぬしとして入札額に制限を設け、最高入札額を3000万円とします。
(慣れていない方が、金銭感覚が無い間に無理な入札をすることを防ぐためです。)ただし、1ポイントでもうまぬしポイントを獲得した方は、その制限を免除されます。

・万が一ニューサツステーションの発表が遅れた場合でも、落札自体は水曜日22時の時点で確定します。

・入札は必ず最低入札額以上で行ってください。
※入札時には、馬名にだけはこだわってください。
厩舎や年齢や外国産馬かどうかなど、馬名以外のデータは後からの修正を認めますが、馬名に関してのみは落札時から一切の変更を認めません。つまり、馬名を間違えて落札した場合には、存在しない馬を購入したことになるわけです。

特に間違えやすい例・・・
1)記号ー(伸ばす文字)を −等の横線に間違える方がいます。
○:サンデー  ×:サンデ− ×:サンデ―
良く見てください。わかりますよね?

2)アグネスデキシィ号を落札したが、実際の馬名はアグネスデキシイだった。
→この場合、アグネスデキシイ号がレースに勝っても、もちろん賞金・ポイントは一切入りません。別馬とみなされるからです。こうなった場合「馬名間違い」として手放す(方法は後述)ほか、ありません。

また、間違って馬名のところに自分のうまぬし名を記入し、そのまま落札したりする人なども出たことがあります。明らかに間違いであることはわかるのですが、全てのミスを平等に扱いたいので、特別に入札自体を無効にしたりするような救済処置は取りませんでした。
入札する時には、馬名をキーボードで打ち込んだりせずに、JRAなどの信頼できる公式データからコピペをして入札することをお奨めします。また、入札後は必ず入札チェックコーナーにて入札内容を確認し、万が一間違って入札してしまったら、落札時間までに必ず取り消し入札をし直して下さい。


最低入札金額(入札は50万円単位)
<2歳馬>
【新馬・未勝利馬】→最低入札額500万円
【本賞金1〜400万円馬】→最低入札額1,000万円
【OP馬(本賞金401万円以上)】→最低入札額2,500万円
※2歳馬の場合、例えば夏場など時期によっては1戦1勝でOPクラスに分類されますが、うまぬしくん上では【本賞金1〜400万円馬】クラスと分類され、入札最低金額は1,000万円になります。

<3歳以上>
※競走馬は1月1日に年齢が1つ増えます。ここで言う3歳は1月1日の”明け3歳”も含まれます。
【新馬・未勝利馬・未出走馬・500万下馬】→最低入札額500万円
【1,000万下馬】→最低入札額1,000万円
【1,600万下馬】→最低入札額1,600万円
【OP馬】→最低入札額2,500万円

<障害馬>
【未勝利馬】→最低入札額 500万円
【OP馬】→最低入札額 1,600万円
※障害馬について
1)「うまぬしくん」内では、前走が障害レースだった馬を「障害馬」と考えます。つまり、障害練習していても、今週障害レースに出走する予定でも、前走が平場だった馬は、平場の時のクラスの金額で入札することになります。
2)同様に障害から平場に戻る場合でも、前走が障害レースだった場合には、障害のクラスの金額で入札してください。


●最低入札額について
・最低入札額は、落札日である水曜日の22時の時点でのクラスを基準に考えます。例えば、

5月4日金曜日に500万下条件の競走馬に最低入札額500万円で入札した場合でも、5月5日土曜日のレースで500万下を勝ち、1,000万下条件に昇級した場合には、5月9日水曜22時までに入札額を1,000万円以上に変更しなければ、入札金不足として落札は認められません。

入札は50万円単位でお願いします。
(50万円以下の入札はこちらで切り捨てます。)

・2歳馬の入札について
 2歳馬への入札ですが、主催者による「2歳馬入札解禁宣言」を以って可能となります。
 入札解禁宣言は、「JRAインデックス 馬名登録・変更馬一覧」への毎週の登録合計数が300頭を超えた日の次の水曜日22:01とします。
| 主催者 | ルール | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
3.レース賞金について
レース賞金は全レース5着まで、額面の80%が与えられます。

・現実にはありえませんが、「うまぬしくん」では高齢馬に対する優遇措置として、7歳以上の馬齢の馬が勝った場合に限り、賞金(1着賞金の80%)を5割増にしてお渡ししています。(通称:高齢馬ボーナス)
2着以下の時は高齢馬ボーナスはつきません。(勝ってもポイント数は変りません。)
また、レコード勝ち(JRAホームページレース結果に「レコード」の文字がある)の場合も、高齢馬ボーナスと同様に賞金5割増のボーナスがあります。

<海外の重賞レースに出走して5着以内に入った場合>
海外の重賞は情報が入りにくいことが多々あり、レースによっては2位以下の正確な賞金額を調べることが困難なことがあるため、主催側としては大変申し訳ないのですが、以下のようなルールとします。
・所有馬が海外の重賞に出るうまぬしさんは、出走レースの1着賞金を調べソースを主催者及びレース成績集計担当者である 鳴尾牧場 に示さなければ、賞金を得ることができません。
・主催者及び鳴尾牧場は協議の上、その1着賞金を日本円に直し、その1着賞金を以下の計算方法により最終賞金とし、うまぬしさんが申請した日の翌日扱いで振り込むこととします。

(計算方法)
1着→調べた1着賞金の80%
2着→調べた1着賞金の40%のさらに80%
3着→調べた1着賞金の25%のさらに80%
4着→調べた1着賞金の15%のさらに80%
5着→調べた1着賞金の10%のさらに80%
・ポイントは賞金とは違い、申請しなくても自動的に与えられます。
・賞金額の申請はレースから1ヶ月以内に行わないと無効とします。
・2着以下の正確な賞金額がわかっている場合でも、上記の賞金算出方法を優先します。
| 主催者 | ルール | 15:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
4.馬の売買
うまぬしくんでは、実際の競馬社会とはちょっと違い、競走馬の売買や所有権利を手放す行為が頻繁に行われております。その点、リアルではありませんが、かえってゲーム性は高くなっています。この競走馬の入れ替えを上手に行うことは、うまぬしくんの醍醐味であり、順位を上げる大事なテクニックといえるでしょう。

馬の売買には以下の3パターンがあります。

a)他の馬主の馬を買い取る
うまぬしくん セレクトセール」「馬主席Z(うまぬしくんチャット場)」「うまぬし郵便局」で、他のうまぬしさんと直接交渉し、手に入れることができます。
・他のうまぬしさんから購入する場合でも、入札同様50万円単位でのやり取りをお願いします。
・交渉成立した場合、売った方も買ったほうも、現在所有馬管理をしている「ブルースカイRC」さんに、うまぬし郵便局を使い報告をしてください。売り手と買い手の両名から報告が来た後の22時に正式にトレードが成立するものとします。
(何でもそうですが、うまぬしくんにおいて1日の始まりは22:01であり、1日の終わりは22:00です。つまり締め切り時間は22:00となります。)
・所有馬は「手放し」することができますが(後述)、トレードによって手に入れた競走馬が手放し解禁日(落札から1ヶ月)を迎えていない場合には、そのまま解禁日も引き継ぐことになります。


b)自分の馬を売りに出す
「うまぬしくん セレクトセール」「馬主席Z(うまぬしくんチャット場)」「うまぬし郵便局」などで、売りに出したい馬を上場したり、購買者候補に直接売却を持ちかけることができます。
・売買は50万円単位で行ってください。
・2006年4月11日より、トレードによって手放した馬は、6ヶ月間はトレードによって買い戻すことができなくなりました。
これは、最初にトレードで売り渡した相手以外のうまぬしさんからでも同様です。
・一度トレードで手放した馬でも、入札によって手に入れる場合は、半年の制限は無いものとします。


c)自分の馬を手放す
・自分に必要の無くなった馬を手放すことができます。
・落札後、1ヶ月以上所有した馬のみ手放せます。
・一度手放したら、一週間はその馬に再び入札できません。
・正式に登録抹消、もしくは死亡した馬は、例外として手放し解禁日を待たずに手放すことができます。その場合、どこでその情報を得たかを明らかにし、証明してもらう場合があります。
・馬名間違いで落札し、競走馬登録されていない馬を落札してしまった場合も、例外として手放し解禁日を待たずに手放すことができます。

・手放しは手放しコーナーにある「手放しフォーム」を使って手放します。
即座に持ち馬を手放す仮契約が発生し、22時を過ぎた時点で売却代金として、その時点での最低入札金額の半額が与えられます。
また、自分の持ち馬が引退した後でも、手放せば引退時の最低入札額の半額が返還されます。
・一度してしまった手放しは、22時になる前でも撤回できません
火曜日22:01〜水曜日22:00に手放された馬は、その週の落札時間である水曜日22:00まで、時間が無いため入札対象からは外し、翌週の水曜日の落札対象馬といたします。

・手放し申請のクラスは返金額が変わってきますので、絶対に間違えないようにしてください。間違った場合はペナルティが与えられます。
★主催者、他のうまぬしさんが手放しの間違いに気付いた場合
 →本来の手放し金額より250万円引き、発見者に250万円差し上げます。間違いの指摘はうまぬし郵便局にて主催者までお願いします。
★指摘される前に、自分で間違いに気付いて主催者に申請した場合
→本来の手放し金額より100万円引きます。


手放し返金額の例外
馬名間違いとして手放した場合のみ、落札金額の半額をお返し致します。が、大金で間違い入札した場合に、大変な損失になるのを防ぐ為、5000万円以上で馬名間違いの落札をした場合に限り、罰金2500万円とします。
例:4900万円で間違い入札→半額の2450万円が返金
5000万円で間違い入札→罰金2500万円で2500万円が返金
10000万円で間違い入札→罰金2500万円で7500万円が返金


・すでに引退している馬でも、手放し申請していない場合には、所有馬として管理費・1ヶ月100万円を支払いつづけることになります。

・既に引退している馬を、間違えて落札してしまった場合は馬名間違い扱いとなり、手放していただくようになります。つまり、
「馬名間違い」=「落札時点で中央競馬に登録の無い馬」と解釈してください。
| 主催者 | ルール | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
5.うまぬしポイントランキングについて
このゲームの目的は、
他馬主よりも高いうまぬしポイントを獲得すること
にあります。お金をたくさん稼ぐことでも、勝ち星を多く稼ぐことでも、所有馬を増やすことでもありません。ただ一点、うまぬしポイントを多く得ることのみを目的に頑張ってください。

うまぬしポイントは、持ち馬がレースで好成績を残すことによって得られます。お金はあくまで、次にポイントを稼いでくれる馬を購入するための資金と考えてください。レースで賞金を稼いだら、そのお金を使って次の馬を購入し、さらに馬主ポイントを獲得するというのが、ゲームの基本的な流れになります。
| 主催者 | ルール | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
6.うまぬしポイントについて
●中央競馬重賞以外

★2・3歳限定戦
【OPレース】→優勝 15P、2着 4P
【1000万下】→優勝 10P
【500万下】→優勝 8P
【新馬戦】→優勝 6P
【未勝利・未出走】→優勝 2P

★3歳以上
【OPレース】→優勝 15P、2着 4P
【1600万下】→優勝 10P
【1000万下】→優勝 6P
【500万下】→優勝 4P

★障害競走
【OPレース】→優勝 10P、2着 2P
【未勝利戦】→優勝 2P




●重賞

※数字は左から順に1〜5位のポイント数
【G3(障害重賞・地方交流重賞)】
 →20P,7P,3P,1P,1P
【G3(↑↓以外の全てのG3レース)】
 →30P,10P,5P,2P,1P
【G3(3歳限定G1トライアルレース・海外)】
 →40P,13P,7P,3P,1P
※2015年10月追加 NEW 
新設重賞で、グレートの記載がない場合も、同等のポイントとする



【G2(障害重賞・地方交流重賞)】
 →40P,13P,7P,3P,1P
【G2(↑↓以外の全てのG2レース)】
 →50P,17P,8P,3P,2P
【G2(3歳限定G1トライアルレース・海外)】
 →60P,20P,10P,4P,2P


≪G1≫
【朝日杯FS・阪神JF・中山グランドJ・中山大障害・地方統一G1】
 →100P,33P,17P,7P,3P
【フェブラリーS・高松宮記念・NHKマイルC・ヴィクトリアマイル・安田記念・スプリンターズS・秋華賞・エリザベス女王杯・マイルCS】
 →110P,37P,18P,7P,4P
【桜花賞・皐月賞・優駿牝馬・菊花賞】
 →130P,43P,22P,9P,4P
【天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップダート】
 →140P,47P,23P,9P,5P
【有馬記念・海外一般G1】
 →150P,50P,25P,10P,5P
【東京優駿・ジャパンカップ・海外特別G1】
 →180P,60P,30P,12P,6P


※海外のG1レースは「海外G1」と「海外特別G1」の2種類とし、該当レースがどちらにあたるかは主催者の主観によって判断されます。また、レースまでにどちらか発表されないG1レースについては、海外一般G1とします。

必ず海外特別G1となるレース
ドバイシーマクラシック
ドバイワールドカップ
英2000ギニー
ケンタッキーダービー
仏ダービー
英ダービー
愛ダービー
キングジョージVI世&クイーンエリザベスS
凱旋門賞
ブリーダーズカップターフ
ブリーダーズカップクラシック


※地方、海外でのレースは重賞のみ有効とします。(過去一部例外あり)
| 主催者 | ルール | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
7.年度代表馬その他へのボーナス
年末(年明け?)に発表される、JRA賞年度代表馬、その他各賞を受賞した競走馬を所有するうまぬしさんには、特別ボーナスを差し上げます。
金額は、年度代表馬3000万円、その他各賞1000万円、複数受賞の場合は複数分の賞金を差し上げます。なお、振り込み日は正式発表後の1週間以内とします。
| 主催者 | ルール | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
うまぬしくん

1 / 4ページ >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ